北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2008/08/04

【報告】夏期研修会盛大に開催!

7月29日。

真夏の炎天下のもと、上川支庁下川町にあるTMRセンター、(有)下川フィードサービス様にて当会主催の夏期研修会が盛大に開催されました。

テーマは経営戦略の一選択肢として注目される『細断型ロールベーラー』に関する実演および情報交換とし、会員および関係者総勢80名が参加しました。

実演は大手機械メーカーである(株)コーンズエージー様が発売している『メイズベーラー』、(株)タカキタ様が発売している『細断型コンビラップ』、そして(株)IHIスター様が7月に発売した『ベーララッパー』の3機種でそれぞれ実演をしていただき、TMRの調製を行っていただきました。

それぞれ規格が異なっていますが、TMRの長期保存や広域流通が可能となること、またバンガーサイロの在庫管理にも大いに役立つ機械として今後も注目されると思います。

参加者も暑い中、ロール調製の様子を食い入るように見ており、なんらかの手ごたえを感じていた様子でした。

実演後、同社の機械格納庫に場所を変え、情報交換を行いました。

話題提供として、(独)生研センターの志藤先生より、『可変径式TMR成型密封装置』の紹介がありました。この装置は密封後のガス抜き作業まで自動的に行えるだけでなく、梱包の規格を500kgから800kgまで調整が可能、さらにはトランスバックに対して1.4から1.8倍の梱包密度を有する特徴があり、TMRの広域流通(販売)を志向する経営者にとって注目に値する装置です。

その他、様々な分野に関して情報交換が活発に行われました。

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1