北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > トピックス >

2009/09/30

【トピックス】配合飼料10月より価格引下げ

配合飼料の10-12月期の販売価格を7-9月期に対して引き下げることがわかりました。 引き下げ幅は全農で1,400円/トン、ホクレンで1,500円/トンとなっており、シカゴ市場での大豆、とうもろこし国際価格の下落がその要因とされています。 今回の引き下げで配合飼料価格安定制度の発動はないものと見られます。 ただ、飼料高騰前の価格水準に比較してトンあたり10,000円程度生産者負担が増えており、厳しい経営事情には変わりない状況です。

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1