北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2010/06/14

【お願い】口蹄疫の侵入を防ぐために、皆様のご協力をお願いします

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  北海道TMRセンター連絡協議会では道内への口蹄疫の侵入を防ぐための

  対応として、正会員であるTMRセンター及び賛助会員である関連業界が一

  丸となって取り組む決意で下記対応策を作成し、全会員に対してその徹底を

  訴えています。  

  協議会会員のみならず、一般道民の方々また来道された方々にも合わせて

  ご協力をお願い致します。                                                                             ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

口蹄疫侵入防止に向けての対応について 

TMRセンター及び構成員の牧場が取り組む防疫対策 

4月20日に宮崎県で発生した口蹄疫は、6月10日現在の発生件数が285件、殺処分対象頭数は190,818頭に達しており、現地の懸命な対応にもかかわらず新たな地域への発生が確認されております。

 道内への侵入は是が非でも防がなければならず、農業者及び農業関係者を始め一般道民にも協力頂きながら一丸となって防疫対策の徹底を図る必要があります。

 当協議会でも臨時役員会を開いて対応を協議しました。その中で道農政部畜産振興課の担当者に出席頂いて、これまでの経過、今後の対応等について説明を受け、協議会としても今後の防疫対策には共通認識を持って対応していく事を協議し確認しました。

 以上の状況を踏まえ、各センター及び構成員が一丸となって防疫対策に取り組んで行かなければならない事を認識し、徹底した防疫体制を取って頂くようお願い致します。

1.畜産農家が取り組む防疫対策(北海道の防疫パンフレットより)

 ? 農場への部外者の立ち入り制限を徹底する

 ? 畜舎出入り口には、踏み込み消毒槽を設置する

 ? 畜舎や関係車両は、こまめな清掃・消毒を実施する

 ? 海外や国内に旅行する際は、畜産関係施設への立入を自粛する

 ? 道内産の牧草や稲わらを給与する

 ? 家畜を導入したときは、隔離して異常の有無を確認する

 ? 異常な家畜を発見した時は、獣医師、家畜保健衛生所に直ちに届け出る

 

2.農業関連業者(賛助会員及び個人会員含む)が取り組む防疫対策

 ? 社内での防疫体制を確認し、対応の徹底を図る

 ? 社内で防疫対応について話題にし、社員に防疫意識を高めてもらう

 ? 農場に出入りするとき、石灰等の消毒帯があれば車両を消毒する

 ? 車両に消毒器具を常備し、車両のタイヤ、靴底などを消毒する

 ? 牛舎や建物に入る時は、踏み込み消毒槽で履き物を消毒する

 ? 牛舎内部や牛の通路に立ち入る時は、消毒された長靴に履き替えるか、オーバーシューズを着用する

 ? TMRセンター及び構成員の牧場で作業受託している場合は、十分な意志の疎通を行い依頼先の指示により行動する

 

3.一般道民及び来道される方々に協力してもらう防疫対策

 ? 牧場又は家畜が飼われている施設を訪れるときは、設置されている消毒用の踏み込み槽で靴の消毒を行う

 ? 牧場以外の施設でも消毒用の踏み込み槽が設置されているところでは、靴の消毒を実施する

 ? 口蹄疫ウィルスは、人間の体や衣服に付着しても移動するので、日常の十分な手指の消毒や手洗いを行う

 ? 不必要に牧場に立ち入らない

 ? 上記事項に協力してもらうよう、農業者、関係者がお互いに心がける

 

4.北海道TMRセンター連絡協議会としての防疫対応

 ? TMRセンター(以下センター)や構成員の牧場への部外者の立ち入り制限を徹底する(看板等で注意を促す)

 ? センターや牧場の出入り口には、石灰等で消毒帯を設置する

 ? センター施設や牧場施設、牛舎などの入り口に踏み込み消毒槽を設置する

 ? 農家同士が牧場間を訪問する時は、訪問する先の牧場の指示に従う

 ? 畜舎や通路、関係車両は、こまめな清掃・消毒を実施する

 ? 家畜の健康観察は毎日丁寧に行う

 ? 異常な家畜を発見した時は、獣医師、家畜保健衛生所に直ちに届け出る

 ? 来訪者へ、車両消毒や踏み込み槽での消毒等の協力を依頼する 

   平成22年6月11日 

北海道TMRセンター連絡協議会

  会 長  近 藤 三 男 

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1