北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2010/07/28

【技術情報】 8月の営農技術対策

8月の営農技術対策が北海道農政部から発表されましたので、関係分を掲載します。

                          (北海道農政部のHPより引用)

◎ 家畜飼養の重点項目

・引き続き、暑熱ストレスを最小限に止めるため、送風などの対策の徹底を図る。

・嗜好性が高く消化性の良い粗飼料を給与するとともに、給与回数や掃き寄せ回数を増やす。

・発情予定牛のピックアップと観察強化で、発情の見逃しを予防する。

・疾病防止のため農場内の衛生対策を徹底する。

 

◎ 草地及び飼料作物の重点項目

・2番草の刈取り適期は、1番草刈取り後チモシー主体草地では、早生品種が55日、中・晩生品種が55から60日、オーチャードグラス主体草地が45日目を目途にう。

・養分不足となった放牧地の追肥は、窒素量で10a当たり2から3kg程度行い、次回の放牧に備える。

・混播草地造成のは種は、道東が8月上旬、それ以外の地域が8月中旬までに終える。

◎ 農作業の重点項目

・暑さ対策を講じ、疲労からくる農作業事故を防止する。

・収穫・梱包作業における「巻き込まれ」や「挟まれ」などの農作業事故を防止する。

・刈払機を安全に使用し、作業事故を防止する。

・高温時の農薬散布作業を避けるとともに、適正な作業で、身体を防護する。

 

技術対策の詳細は、会員用ページに掲載して有ります。

 

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1