北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2011/06/30

【お知らせ】東北地方への粗飼料緊急支援のお願いについて

平成23年6月17日

会 員 各 位

北海道TMRセンター連絡協議会

会長 近藤 三男

  東北地方への粗飼料緊急支援のお願いについて  

 謹啓

牧草収穫作業が始まり忙しい毎日のことと思います。

ご承知の通り東北地方では大震災の復興が行われておりますが、原発事故に伴う酪農家への影響は未だに先の見えない状況となっています。

この度、酪農学園大学より、当協議会に対して復興支援の協力要請が来ました。

酪農学園大学は東北地方の酪農団体、在校生を通しての緊急粗飼料の支援に取り組んでおり、原発事故にともなう飼料給与の自粛や廃棄により給与できる飼料が不足する事態となりつつあり、宮城県南部、福島県、栃木県などの酪農家から大学へ粗飼料の支援要請が来ているようです。

当協議会も今年4月8日の役員会で様々な災害に対して協議会として出来る限りの支援をしていこうとの確認(4月13日付、会員用ホームページに掲載)をしており、酪農学園大学の取組に対して協力していくこととしました。

そこで、各TMRセンターで粗飼料に余裕があり、無償提供して頂ける物があれば別紙により事務局まで報告願います。

なお、TMRセンターから東北の酪農家までの運賃については東北の団体等(福島畜産協会は協会で、他は義援金の中から支払い)が負担する予定になっているようですので、提供して頂ける皆さんの負担はありません。

集配方法については集約後に調整しますので、その時点でご連絡致します。

不明な点は事務局までお問い合わせください。

謹白

調査様式を見るときは、ここをクリック

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1