北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2011/08/19

【お知らせ】8月15日現在、2番牧草の生育は平年並み、コーンの生育は2日早い

北海道農政部から8月15日現在の農作物生育状況が発表されました。

◆2番牧草の収穫が早い地区ではすでに7割が終了していますが、生育状況は全道平均で平年並みに推移しています。しかし檜山、留萌では前回と同じく6日遅れの生育となっています。

サイレージ用とうもろこしの葉数は平年より0.1枚少なく、稈長は平年より36.3cm長くなっております。生育状況は前回より1日早まって平年より2日早く、絹糸抽出期となっています。

 

全道平均 北海道農政部発表
   作     物      本       年   平年差  評   価 遅速日数
   牧  草 バンクサ草丈クサタケ   68.3 cm     -2.3 平年ヘイネン      ±0
 とうもろこし
(サイレージ用)
  葉 数   15.8 マイ     -0.1 平年ヘイネン   早ハヤ 2日
  稈カン チョウ 257.8 cm +36.3    長ナガ

 各総合振興局(振興局)別の内訳は、会員専用サイトに掲載しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1