北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2012/08/13

【お知らせ】「農の雇用事業」平成24年度第3回の募集案内

全国農業会議所が行う「農の雇用事業」について24年度第3回の募集案内がありましたので掲載します。

申し込み、問い合わせは北海道農業会議まで!!!

 

「農の雇用事業」平成24年度第3回募集のご案内 

平成24年8月

全国農業会議所

北海道農業会議

 全国農業会議所では、農業法人等が従業員を新たに雇用して、農業技術などの研修をする場合に、研修費用の一部を助成する「農の雇用事業」を実施しております。

 また、平成24年度第3回募集について、平成24年8月1日(水)から9月14日(金)を募集期間として事業参加者を募集します。

 なお、今回の募集から、原則45歳未満の研修生を雇用する場合が対象となるなど、事業の要件や申請様式が一部変わっておりますのでご留意ください。

 ◇助成内容 

 研修生1人当たり年間最大120万円を最長2年間

  内訳 1.新規就業者に対する研修費(月額上限97,000円)

      2.指導者の技能向上のための研修費(年間上限36,000円) 

◇募集・研修等の期間

 

募集期間

研修助成期間

正社員としての採用日

第3回募集

平成24年8月1日

     から9月14日

平成24年11月

  から25年10月

平成24年2月1日

  ?24年9月14日

第4回募集

平成24年11月1日

    から12月14日

平成25年2月

   から26年1月

平成24年5月1日

  から24年12月24日

 ※1 第1回および第2回募集は終了しました。

 ※2 助成期間の2年目は平成25年度予算で措置される予定です

 ※3 各募集期間の期日までに、必要書類を提出する必要があります。

    ※郵送の場合は期日必着、持ち込みの場合は期日の午後5時まで

    研修助成期間は、本事業の助成金の対象期間を表します。 

◇事業参加に当たっての主な要件〈詳しい要件はHPか農業会議まで〉

 ※前回(第2回募集)との変更点は   で表しております。

  1.事業申請者は、農業者・農業法人、農業サービス事業体等であること

   (農業サービス事業体とは、農業生産に必要な作業の一部を概ね年間を通じて請け負う事業体であり、選果場や集出荷場等の単純作業のみを行う事業体は含まない)

  2.新規就業者(以下、研修生)については、雇用期間の定めのない正規の従業員として雇用契約(書面)を締結し、事業申請時に既に就業していること

  (就業開始前(採用予定)の申請は受け付けない)

  3.研修生の年齢について、正規の従業員としての採用日時点で、原則45歳未満であること

  4.研修生の過去の農業経験が5年以内であること 

  5.研修生を雇用保険、労災保険に加入させること

   (社会保険への加入を要件としない)

  6.税務署に、給与支払事務所等の開設届を提出すること

  7.本事業と期間が重複する他の公的助成を受けていないこと

  8.研修生が、農業法人等の代表の3親等以内でないこと

   (労働者性が認められる場合を除く)

  9.最低賃金法に違反しないこと

  10.1週間の所定労働時間が35時間以上であること

  11.研修生が、過去に当該農業法人等の正規の従業員ではなかったこと

  12.研修生が、過去に農の雇用事業で採択されていないこと

  13.研修生が、過去に当該農業法人等で青年就農給付金(準備型)の給付を受けて研修していないこと 

  (注)4回目以降の募集では、要件が変更になる可能性があります。 

◆申込み・問い合わせは 北海道農業会議

 詳しくはインターネットで

 URL http://www.nca.or.jp/Be-farmer/

農の雇用

で検索!

 

 <北海道農業会議>

  〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西6丁目 道通ビル5階

  電話011-281-6761

  <全国農業会議所・全国新規就農相談センター>

  〒102-0084 東京都千代田区二番町9?8 中央労働基準協会ビル

  電話03-6910-1126

 

 

 

 

 

 

 

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1