北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2013/02/07

【情報】平成24年産飼肥料作物の作付(栽培)面積について

平成24年産飼肥料作物の作付(栽培)面積について農林水産省から公表されました。

【調査結果の概要】


1.飼肥料作物の作付(栽培)面積


作付(栽培)面積は、

全国では102万9,000haで、前年産に比べて1,000ha減少し、前年比100%です。

北海道は653,900haで、前年産に比べて600ha減少し、前年比100%です。


2.飼料用の作付(栽培)面積


上記1のうち飼料用の作付(栽培)面積は、

全国では93万1,600haで、前年産に比べて1,400ha減少し、前年比100%です。


北海道は59万8,700haで、前年産に比べて2,100ha減少し、前年比100%です

その主な内訳は次のとおりです。


(1) 牧草


作付(栽培)面積は、全国では75万800haで、前年産に比べて4,300ha減少し、前年比99%です。

北海道は548,900haで、前年産に比べて2,300ha減少し、前年比100%です。

(2) 青刈りとうもろこし


作付面積は、全国では9万2,000haで、前年産に比べて200ha減少し、前年比100%です。

北海道は4万8,300haで、前年産に比べて100ha増加し、前年比100%です。

 

詳細は、ここをクリック

 

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1