北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2013/05/20

【お知らせ】5月15日現在、牧草の生育は4日遅れ、とうもろこしの播種は1日遅れ

北海道農政部から5月15日現在の農作物生育状況が発表されました。

牧草の草丈平年より17.7cm短く生育は平年より 4 日遅れています。

振興局別では、低温・日照不足により全ての地区で平年より遅れ、特に日高では8日遅く、上川とオホーツクでは6日遅れとなっています。

サイレージ用とうもろこしのは種作業は、8%が終了平年より 1 日遅れとなっています。

しかし地区により降雨の影響で作業等の遅れがあり数値が出そろっていない状況です。 

(気象概況) 

 4月中旬以降は、低気圧や気圧の谷の影響で、雨や雪の降る日が多かった。4月下旬の気温は平年並、降水量はかなり多く、日照時間はかなり少なかった。

 5月前半の天気は、オホーツク海にある動きの遅い低気圧の影響などで、広い範囲で雨や雪の日が続いた。平均気温と日照時間は全道的に平年を大きく下回り、特にオホーツク海側では顕著な低温・日照不足となった。降水量は、オホーツク海側と日本海側を中心に平年を上回った。日照時間は平年よりかなり少なかった。

各総合振興局(振興局)別の内訳は、会員専用サイトに掲載しています。 

H25.05.15 全道画像.JPG

 

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1