北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2013/05/29

【お知らせ】日本がBSEの清浄国に決定

 フランス・パリで開催中の国際獣疫事務局(OIE)総会において、平成25年5月28日(火曜日)(現地時間)、我が国を「無視できるBSEリスク」の国に認定することが決定されました。

 国際獣疫事務局のBSEステータス認定には、加盟国の申請に応じて、飼料規制、BSEサーベイランスの実施状況等をOIEの規定に基づき科学的に評価した上で、(1)「無視できるリスク」、(2)「管理されたリスク」、(3)「不明なリスク」に分類されており、日本は、平成21年5月に(2)「管理されたリスク」の国に認定されていましたが、今回(1)無視できるリスクに認定することが決定しました。

 「無視できるBSEリスク」ステータスの主な認定要件は、
(1) “過去11年以内に自国内で生まれた牛”で発生がないこと
(2) 有効な飼料規制が8年以上実施されていること
が条件となっています。
 
 日本ではH13年年9月に国内初のBSE感染牛が確認され、依頼36頭の感染牛が確認されました。
 確認されたBSE感染牛36頭のうち、11年以上前のH14年1月生まれが最も誕生が遅い牛となっており、その後の発生がないことから、BSEの発生する危険性が最も低い「無視できるリスク」の国(清浄国)に認定されました。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/130529.html

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1