北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > トピックス >

2013/06/21

【トピックス】配合飼料価格高騰に対する緊急対策実施(農水省)

 農林水産省は、穀物価格の高止まり等による配合飼料価格の高騰に対応するため、緊急の措置を講じると発表しました。

(1) 考え方
 平成25年7-9月期(以下「7-9月期」といいます。)の配合飼料価格については、穀物価格の高止まり等により、対前期(平成25年4-6月期)比で1,450円/トンの引き上げとなりました。
 一方、配合飼料価格安定制度の通常補てん基金は、昨年秋以降の配合飼料価格の高騰に対応し補てんを続けてきているため、7-9月期の補てんを十分に行うことができない状況となっています。
 このような状況下において、畜産経営の維持・安定と国産畜産物の安定供給を図るため、特例的に緊急の措置を講じることとします。
 

(2) 仕組み
 各畜産経営に対し、7-9月期の補てん対象数量に応じ、1,325円/トンを特別交付金として独立行政法人農畜産業振興機構を通じて交付します。

 (3) 事業実施主体
 公益社団法人配合飼料供給安定機構
 

(4) 所要額
 81億円 

◎配合飼料価格高騰緊急対策の概要は、ここをクリック

 

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1