北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2014/05/15

【情報】エルニーニョ/ラニーニャと世界の主要穀物の生産変動との関係性を解明

 独立行政法人農業環境技術研究所と独立行政法人海洋研究開発機構は、エルニーニョ/ラニーニャ と世界の主要穀物の生産変動との関連を明らかにしました。

エルニーニョ/ラニーニャの予測精度は高く、早期に情報を得られるため、穀物豊凶予測の大幅な改善につながると期待されます。

 この研究成果は、エルニーニョ/ラニーニャと世界の穀物生産との関係性を初めて解明するもので、5月15日にネイチャー・コミュニケーションズ誌のオンライン版に掲載されました。

  その結果によると、

世界平均では、トウモロコシ、コメ、コムギはエルニーニョ年とラニーニャ年のいずれでも平年収量を下回る傾向にある。

コメとコムギは、ラニーニャ年にエルニーニョ年よりも収量がさらに低くなり、トウモロコシは逆にエルニーニョ年にラニーニャ年よりも収量が低下する傾向にある。

ダイズはエルニーニョ年に平年収量を上回る傾向にあるが、ラニーニャ年は平年並みとなる傾向がある。

 

詳細は、http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/press/140515/

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1