北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

北海道TMRセンター連絡協議会 > お知らせ >

2014/07/18

【お知らせ】7月15日現在、2番牧草の生育は平年並み、とうもろこしの生育は4日早い

北海道農政部から7月15日現在の農作物生育状況が発表されました。

牧草の2番草草丈平年より 0.6cm短くて25.6cmで生育は平年並となっています。

振興局別では、檜山が?4、渡島が?3、後志とオホーツクが?2、日高と根室が?1、他は平年並みからプラスとなっています。 

1番草の収穫は95%が終了し、平年より4日進んでいます。

 

 サイレージ用とうもろこしの生育は、草丈平年より 17.6cm長い141.6cm葉数は平年より0.9枚多い12.3枚平年より4日進んでいます。(前回と同じです)

振興局別の生育状況は、すべてプラスで平年並みから8日進んでいます。

 h26.07.15 画像.jpg

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1