北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム >

農林漁業の「6次産業化」とは、農林漁業者(1次)が生産する農林水産物の価値を更に高めて消費者に届けていく(=バリューチェーン)という広義の概念です。

(株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は、出資という手法で6次産業化を支援しています。

6次産業化の対象は、食品だけではなく、飼料なども含まれます。以下のような事業に取り組むTMRセンターは、A-FIVEの出資を受けられる可能性があります。

1) TMRの外部販売も想定して、TMRセンターを新設したい

2) TMRの外部販売も想定して、飼料用米やエコフィード等の新しい原料を活用したTMRの製造に取組みたい

3) 構成員の離脱等により余剰となったTMRを、新たな梱包方法を導入する等により外部にも販売したい

 注:A-FIVEからの出資を受けるに当たっては、6次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受ける必要があります。

 

適用に当たっては、上記の他、いくつかの要件等がありますので、ご関心のある方はTMRセンター連絡協議会事務局又はA-FIVE(担当は投融資本部 岩波 電話番号:050-3797-0154)まで、お尋ね下さい。また、以下のリンクからA-FIVE及び農林水産省のHPを参照して下さい。 

 

イメージ-thumb-580x414.pngのサムネール画像

                   

 

 

(HPのリンク)     A-FIVE        農林水産省

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1