北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【お知らせ】畜産収益力向上緊急支援リース事業実施要綱の制定

畜産収益力向上緊急支援リース事業について、、独立行政法人農畜産業振興機構から実施要綱が公表されましたのでお知らせします。

1.事業実施主体

  公募により選定される

2.事業の内容

  この事業はつぎの事業内容となっています

1) 畜産経営強化緊急支援事業
公募団体は、借受者が、畜産経営による飼料用米等の利用拡大による飼料自給率の向上、畜産経営の生産性向上及び畜産物への付加価値の向上に資するほか、労働力の軽減を図るために必要な機械装置をリース方式により導入する場合必要な費用の一部について助成する。

 2 飼料生産受託組織等経営高度化緊急支援事業
公募団体は、借受者が、経営の高度化を図るために必要な機械装置をリース方式により導入する場合に、当該機械装置の貸付者に対し支払う貸付料について負担の軽減を図るため当該機械装置の取得に必要な費
用の一部について助成する。

3 推進指導事業
公募団体は、1及び2の事業の円滑な推進を図るため、事業推進会議の開催並びにリース事業の推進及び調査を行うものとする。

 

なお事業の詳細及び対象となる機械装置の内容については別表1をご覧下さい。

 事業の詳細及び別表を見る時は、 ここをクリック.pdf

▲PageTop

【お知らせ】平成26年度 生乳計画生産対策の概要発表

 中央酪農会議(中酪)は、平成26年度 生乳計画生産の概要を発表しました。

 計画目標数量は、平成25年度の実績を基本に配分する販売基準数量 、需給緩和時の過剰回避対策を前提とする特別調整乳数量 、及び選択的拡大生産数量の3つ生産枠で構成され、販売基準数量は全国で674万4,404トン、特別調整乳数量は全国で8万2,349トン、新規就農枠は2,500トン等となっています。

販売基準数量と特別調整乳数量を足した供給目標数量は682万9,000トンに設定されています。

http://www.dairy.co.jp/news/kulbvq000000a6f3-att/kulbvq000000a6g2.pdf

▲PageTop

【お知らせ】平成26年度 飼料自給力強化支援事業について

事業内容を記載したパンフレットを見るときは、 ここをクリック.pdf

H26 飼料自給力強化支援事業.JPG

▲PageTop

【お知らせ】北海道自給飼料改善協議会セミナーの開催案内

北海道自給飼料改善協議会より、下記内容の開催案内がありましたのでお知らせします。 

・開催案内は、 ここをクリック.pdf

・開催要領は、 ここをクリック.pdf

・参加申込書は、 ここをクリック.pdf

 自給飼料セミナー.JPG

▲PageTop

【お知らせ】平成26年度 北海道コントラクター組織連絡協議会春季研修会の開催案内

北海道コントラクター組織連絡協議会より、下記内容の開催案内がありましたのでお知らせします。 

・開催案内は、 ここをクリック.pdf

・開催要領は、 ここをクリック.pdf

・参加申込書は、 ここをクリック.pdf

H26  コントラ研修会.JPG

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1