北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【トピックス】北海道で53番目のTMRセンターが稼働

 十勝管内足寄町で全道で53番目となるTMRセンターの稼働が始まりました。
6戸で構成された『合同会社 螺湾TMRセンター』は12月5日にTMRのエサが調合され、配送が始まりました。
 まだ試験操業ですが、細断型ロールベーラーで調製されたエサが会員の牛舎に配送されました。
調製量も今後順次増やして来年2?3月に本格操業に入ります。

▲PageTop

【技術情報】積雪期を迎えての技術対策

積雪期を迎えての技術対策が北海道農政部から発表されましたので掲載します。

                     (北海道農政部のHPより引用)

  今後の重点項目

1 秋まき小麦は、根雪直前の雪腐病防除、冬期間の雪上心土破砕を行う。
2 ばれいしょの収穫跡地は雪割りや雪踏みを行い、野良いも退治を徹底する。
3 パイプハウスは、降雪による倒壊等を避けるため、環境整備に努める。
4 家畜は、適切な飼料給与で栄養を充足し、繁殖性の低下を防ぐ。
5 農作業の事故防止を徹底し、作業環境の改善を図る。

  麦類の重点項目

・冬期間に雪上心土破砕を行い表面排水を促進し、越冬後の生育を良好にする。
・良質麦の安定確収のため、雪腐病防除を徹底する。

ばれいしょの重点項目

・ばれいしょの収穫跡地は雪割り・雪踏みを行い、野良いも退治を徹底する。

野菜・花きの重点項目

・降雪に対する防災環境の整備と事前準備を進める。

◎ 家畜飼養の重点項目

・貯蔵飼料の確保量を確認し、今後の飼料給与計画を立てる。
・適切な飼料給与で栄養を充足し、繁殖性の低下を防ぐ。
・冬期間は、畜舎内の換気不足等飼養環境の悪化に十分注意する。
・新たな飼養衛生管理基準を遵守し、病原体の持ち込みを防止する。

◎ 草地・飼料作物の重点項目

・堆肥、スラリー等を積極的に活用するとともに、施用量に応じて減肥する。

 農作業の重点項目 

・畜舎内作業における事故を防止する。
・寒冷環境の作業場を改善する。

 

詳細な技術対策は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

【お知らせ】自給飼料生産優良事例発表会開催のお知らせ

自給飼料生産優良事例発表会開催の案内が北海道自給飼料改善協議会よりありましたのでお知らせします。

北海道自給飼料生産優良事例発表会 開催要領 

 1 趣 旨

北海道の酪農畜産は、広大な自給飼料基盤を背景に発展してきましたが、未利用地・耕作放棄地の増加、雑草の浸潤、マメ科牧草率の低下、収量の減少などの課題も多くなってきております。安定した酪農畜産経営の確立を図るためには、自給飼料の向上・改善に取り組むことが重要なことから、昨年10月に道内の関係機関団体で「北海道自給飼料改善協議会」を設立して、取り組みを行っています。この取り組みの一環として、道内において自給飼料生産の向上・改善を図り、安定した酪農畜産経営の確立に取り組んでいる事例について発表会を開催します。

 2 主 催  北海道自給飼料改善協議会

(構成団体) 北海道、北海道農業協同組合中央会、ホクレン農業協同組合連合会、公益財団法人北海道農業公社、雪印種苗株式会社、一般社団法人北海道酪農畜産協会

3 開催月日  平成25年12月10日(火)13:30?16:30

4 開催場所  札幌全日空ホテル 3階 鳳の間(札幌市中央区北3条西1丁目)

5 日 程

  13:30  開会挨拶

  13:40?15:10 事例発表

   1) 遠 軽 町  有限会社リゲルファーム

   2) 浜頓別町  有限会社みどりの開明

   3) 別 海 町  北矢ケレス友の会

  15:10から16:30 ディスカッション

   ○話題提供者  上記の事例発表者に参加いただきます。

   ○助 言 者  網走農業改良普及センター遠軽支所

             宗谷農業改良普及センター

             雪印種苗株式会社別海営業所

             北海道農政部生産振興局技術普及課

             ホクレン農業協同組合連合会 

             雪印種苗株式会社

   ○座  長   地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 農業研究本部 畜産試験場

16:30  閉 会

6 参集範囲  生産者、JA、市町村、普及センター、関係機関団体、等

7 参加を希望される方は、別紙申込書を11月30日までにお送りください。

 (北海道自給飼料改善協議会事務局:?:011-209-8553:(社)北海道酪農畜産協会事業推進部)

▲PageTop

【お知らせ】平成25年12月1日現在、会員数のお知らせ

平成25年12月1日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     44会員

   個人正会員     12会員

   賛助会員       61会員

   合   計      117会員 

 

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

【お知らせ】平成25年度 飼料用イネ・TMRセンターに関する情報交換会のご案内

 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所等の主催により、飼料用イネ・発酵TMRの生産・給与に関する最新技術や良質自給飼料生産を担うTMRセンターの優良経営事例の紹介などを行う情報交換会が開催されます。

1.日時

・平成25年12月4日(水曜日) 10時30分から17時00分

・平成25年12月5日(木曜日) 9時00分から17時00分

2.場所

発明会館ホール (東京都港区虎ノ門 2-9-14)

3.内容

詳細はここをクリック

4.参加申し込み

申し込み用紙はここをクリック

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1