北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【お知らせ 】北海道畜産草地学会開催のお知らせ

 北海道畜産草地学会(会長、近藤 誠司)より3013年度第2回大会の案内がありましたのでお知らせします。

開催日:平成25年8月30日(金)から9月1日(日)

場所:オホーツク管内紋別市、他

※ 大会内容の詳細を見る時は、ここをクリック.pdf 

2013北海道畜産草地学会パンフレット.JPG

 

▲PageTop

【お知らせ】7月1日現在、牧草・とうもろこしの生育は平年並、更に1日進む

北海道農政部から6月15日現在の農作物生育状況が発表されました。

 牧草の2番草丈平年より1.2cm短く生育は平年並、収穫作業は57%が終了して平年並に推移しています。

振興局別では、2番草草丈が後志(+2)、檜山(+1)、宗谷(+1)が平年より進んでおり、オホーツクが(-3)平年より遅れています。

1番草収穫は、後志(+3)、渡島(+2)、根室(+2)が進んでおり、宗谷(-3)、オホーツク(-3)が遅れています。

  サイレージ用とうもろこしの草丈は平年より4.2cm長く、葉数は0.1枚少なくなっており、生育は平年より1日進んで平年並となっています。

振興局別では、石狩(+4)、檜山(+2)、胆振(+2)、十勝(+2)、根室(+2)が進んでおり、後志(-2)、オホーツク(-2)が遅れています。

(気象概況) 

   6月後半(16日?30日)は、25日までは気温はやや高め、26日以降は低めに推移した。降水量は平年並み、日照時間は少なかった。

H25.07.01 全道・各振興局別画像.JPG

▲PageTop

【お知らせ】第6回夏期研修会の開催案内

 当協議会では、生産現場における良質な粗飼料生産を行うための基本的なサイレージ調製技術についてをテーマに取り上げ、TMRセンターにおける粗飼料生産の今後の活動への一助とするため、またTMRセンター相互の情報共有化と生産技術の研鑽、ならびに会員間の交流をより活発なものとすべく、下記により第6回夏期研修会を開催するはこびとなりました。

 

1.開催日時                 平成25年7月31日(水

                   研修会:13:00から17:00

                   懇親会:18:00から20:00 

2.開催場所                 研修会: 第2水産ビル 8階 A会議室

                                         札幌市中央区北3条西7丁目

                懇親会: KKRホテル札幌(3階 鳳凰の間)

                        札幌市中央区北4条西5丁目

3.開催内容                                                   

1) テーマ 『良質自給飼料確保に向けた生産技術の向上を目指して』 

2) 内 容

 (1) 開会(13:00) 

  (2) 良質サイレージの確保に向けた調製技術と地力維持について

     ア. 良質サイレージの確保に向けた鹿追町農協の実践事例

       鹿追町農業協同組合 営農部 コントラ課

                      課長 寺嶋 博晃  氏  

     イ. 地力維持のための有機質肥料(バイオガス消化液)の活用事例

       鹿追町農業協同組合 営農部 畜産課 

                     考査役 眞鍋 就人  氏 

  (3) 良質サイレージ生産に向けた2次発酵の防止について

     ア. 製造業者及び販売業者より2次発酵の防止にむけた技術紹介

     ・日本ニュートリション(株) 営業第3チーム  川添 裕介 氏

    ・パイオニアハイブレッドジャパン(株) 北海道事業所 中西 雅昭 氏  

     ・雪印種苗(株) 微生物研究グループ          北村  亨 氏

    イ. 実践農家の対応技術紹介          

           (取り組んだ事例・実績、紹介できる事例など) 

  (4) 情勢報告

     「最近の酪農を取り巻く情勢と今後の対応について」

        農林水産省 生産局 畜産部 畜産振興課

                草地整備推進室 室長  岩波 道生 氏 

  (5) グループ討議                              

     ア. 良質粗飼料生産における課題と対応について

     イ. TMRセンター運営上の課題と対応について              

  (6) グループ討議報告                    

  (7) 総合討議       

        コーディネーター

        地方独立行政法人 北海道立総合研究機 農業研究本部

                      畜産試験場 家畜研究部 地域支援グループ

                           主査 佐藤 尚親  氏            

  (8) 閉会 (17:00)    

  (9) 懇親会     18:00から  於:KKRホテル札幌(3階 鳳凰の間)

4.参集範囲   法人正会員・個人正会員・賛助会員・関係者(非会員)

5.参加費                  無料 (懇親会参加者は4,000円/1人)

6.参加申込方法     別紙参加申込用紙によりFAXして下さい

7.申込期日               平成25年7月19日(金)  

8.その他     

 1) 研修会場では賛助会員によるサイレージ添加剤のパンフレット及びサンプルの展示を行います。

 2) 研修会終了後、18時よりKKRホテル札幌(札幌市中央区北4条西5丁目、TEL 011-231-6177)にて懇親会(会費:4,000円/人)を行いますので併せてご参加ください。

 3) 当会役員におかれましては翌8月1日(木)、9時00分より役員会及び13時00分より業界紙誌関係者との意見交換会を開催いたしますので、併せてご出席願います。(北農ビル19階、第1会議室) 

  

★ 開催案内を見るときは、 ここをクリック.doc

★ 会場周辺図を見るときは、 ここをクリック.doc

 ★ 参加申込書を見るときは、 ここをクリック.doc

▲PageTop

【お知らせ】「農の雇用事業」平成25年度第2回の募集開始

 全国農業会議所では、農業の担い手の確保と育成・雇用の安定を図るため、農業法人等が意欲ある者を正規雇用し、農畜産物の生産技術、加工・販売等、農業経営に必要なノウハウを、OJT研修として実施した場合、その研修に要した費用の一部を国が助成する、「農の雇用事業」平成25年度第2回募集(平成25年10月研修助成開始)の参加者を募集しています。

■募集、研修等の期間■

・応募期間は、平成25年7月1日(月)から8月9日(金)(必着)です。

《応募用紙の提出期限は、8月9日午後5時までです。(郵送の場合は当日必着)》

・研修(助成)期間は、平成25年10月1日から平成26年9月30日です。

・研修生の採用日は、平成25年1月1日から平成25年8月9日です。

なお、事業の対象となる研修生は「正社員としての採用時に原則45歳未満の方」です。

■事業応募に当たっての主な要件■

○事業に応募できる経営体の主な要件(TMRセンターも該当します)

 1.農業者・農業法人

   農業生産による農畜産物(生産した農畜産物を原料とした加工品を含む)の販売収入のある者

 2.農業サービス事業体

   農業生産に必要な作業の一部を概ね年間を通じて請け負う事業体

   (酪農ヘルパー、コントラクター、TMRセンター等)

   ※選果場・集出荷場等の単純作業のみを行う事業体は含まれない。

 3.農地利用集積円滑化団体・農地保有合理化法人

■助成内容■

助成金の対象となる項目は、大きく分けて3つあります。(項目ごとに申請できる金額の上限と対象期間は異なります)

1.研修生に研修・指導を実施したことへの謝金、【月額最大97,000円、最長2年間】

2.指導者側が勉強した際の経費、【年間最大36,000円、最長2年間】

3.研修生が定住外国人の場合(実習生は対象外)、【月額最大30,000円 最長6ヵ月間】

■書類の提出又は問い合わせ先■

北海道農業会議  TEL 011-281-6761   FAX 011-281-6764

詳細は、ここをクリック.doc

▲PageTop

【お知らせ】平成25年7月1日現在、会員数のお知らせ

平成25年7月1日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     42会員

   個人正会員     11会員

   賛助会員       56会員

   合   計      109会員 

 

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1