北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【技術情報】4月の営農技術対策

4月の営農技術対策が北海道農政部から発表されましたので、関係分を掲載します。

                     (北海道農政部のHPより引用)

◎ 家畜飼養の重点項目

・本年は降雪量が多かったので、畜舎周辺の排水対策を促進する。
・貯蔵飼料の残量と品質を確認して、給与計画を立てる。
・寒暖の差が激しい時期なので、乾物摂取量の変化に注意し、健康状態をよく観察する。

 

 ◎ 草地及び飼料作物の重点項目

・草地の冬枯れの状況を確認し、昨年の草地更新で被害が著しい場合は早めに追播を行う。
・土壌診断と植生区分に応じた施肥を行うとともに、堆肥、スラリー等の施用量に応じて
減肥する。
・放牧地の利用率を高めるため、牧柵の設置・補修を早めに行い放牧開始に備える。

 

◎ 農作業の重点項目 

 ・本格的な農作業シーズンに入る前にトラクタや作業機械の点検・整備を実施する。
・ほ場の出入口や農道等において、農業機械の走行に支障がないことを確認する。
・1日の作業予定や作業場所はあらかじめ家族に知らせる。
・ハウス内作業の際は、障害物に注意する。

 

詳細な技術対策は会員専用サイトに掲載しています

▲PageTop

【お知らせ】中国で今年4件目の口蹄疫が発生しました

 農林水産省の発表によると、2013年に入ってから1月4日に豚1頭(四川省)、2月18日に豚1頭(広東省)、2月19日に牛1頭(チベット自治区)に続き、3月15日に牛1頭(青梅省西寧市)の発生がありました。
 2011年1月以降の約2年間で18件の発生が有り、中国全土に広がる気配を感じます。今年4件の内3件が新たな地区で発生しています。

発生状況は、ここをクリック 

▲PageTop

【お知らせ】平成25年3月15日現在、会員数のお知らせ

平成25年3月15日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     41会員

   個人正会員     11会員

   賛助会員       53会員

   合   計      105会員 

個人正会員 1会員の加入がありました。

 

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

【お知らせ】第4回 連絡協議会代表者会議開催案内

北海道TMRセンター連絡協議会の第4回 代表者会議を開催します。

 1.開催日時           平成25年4月4日(木) 13:00から17:00

  2.開催場所          札幌市、北農ビル 19階 第1から第4会議室

                              札幌市中央区北4条西1丁目

                   TEL  011-232-6637(管理会社:信連サービス(株))

3.開催内容                

 1) 報告事項

    (1)「TMRセンター概況調査(平成24年12月末日現在)の集計結果」          について

    (2)東北地方への粗飼料支援状況について

 2)  話題提供

    (1) テーマ:「TMRセンター設立の思いと世代交代」      

    (2) 話題提供者:(株)オーレンス総合経営

                                     代表取締役社長 高橋 武靖

                                   (北海道TMRセンター連絡協議会事務局) 

 3)  講 演

    (1) テーマ:「コミュニケーションとリーダーシップ」

                            === TMRセンターに期待して ===     

    (2) 講 師:(有)石田コンサルタントオフィス(帯広市)

                               代表取締役 石田 邦雄 氏

    (3)内 容
        TMRセンター設立後、経過年数を重ね、世代を重ねるにつれ意志
の疎通に不安を感じる事が無いよう組織内でのコミュニケーションをい    いかに図るかについて、現在のリーダー更に今後のリーダーとなる後継者に対してコミュニケーションの取り方とリーダーとしての意識の持ち方などについて研修を行う。

 4)  情報提供

     (1) テーマ:「農林水産関係24年度補正予算と25年度予算のポイント」

     (2) 講 師:農林水産省 生産局 畜産振興課

                     草地整備推進室 室長 小倉 弘明 氏

 5) グループ討議(小グループに分かれての討議)

      ・TMRセンターの運営や生産活動における意見交換及び情報交換

      ・第6回 夏期研修会に希望する内容・テーマについて

  6) グループ討議報告

      ・討議した内容についてグループ各班からの報告

4.参加対象      法人正会員(TMRセンター代表及び構成員など)と

            指導機関職員(JA、連合会、普及センター、自治体)に

           限定させて頂きます

5.申込方法        別紙申込用紙をFAX、あるいは当会HPからメール

6.申込期日        平成25年3月25日(月)必着 

7.その他 

     1)代表者会議終了後、18時00分よりKKRホテル札幌(札幌市中央区北4条西5丁目、TEL 011-231-6177)にて懇親会(会費:4,000円/人)を行いますので併せてご参加ください。

      

・会場案内図を見るときは、 ここをクリック

・参加申込書を見るときは、 ここをクリック

 

 

▲PageTop

【お知らせ】「農の雇用事業」平成25年度第1回の募集開始

農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用し、営農に必要な農業技術や経営ノウハウ等を習得させるために実施する研修に対して助成を行う「農の雇用事業」を実施しています。
 この度、事業実施主体である全国農業会議所(全国新規就農相談センター)において、下記のとおり平成25年6月研修助成開始分の募集が開始されました。

募集期間

平成25年6月1日研修助成開始分の募集期間については、平成25年3月8日(金曜日)から平成25 年4月15日(月曜日)までです。
(郵送の場合は、締め切り日当日必着です。)

募集要領、申請様式

下記ホームページから入手できます。

 「農の雇用事業」ホームぺージ
http://www.nca.or.jp/Be-farmer/nounokoyou/original/

 

 今後の募集については、平成25年7月から8月、同11月から12月に予定されています。

 

 

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1