北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

【情報】平成23年度の野生鳥獣による農作物被害状況について

平成23年度の野生鳥獣による農作物被害状況について、全国の被害状況を取りまとめ農林水産省より発表されました。

平成23年度の被害面積は10万haで前年より7千ha減少(-6%)、被害量は71万トンで前年より2万2千トン(-3%)、被害金額は226億円で前年より13億円減少(-6%)しています。

●鳥類による被害

面積は、全国では1万8,200haで、北海道は751ha。

被害量は、全国では2万8,600トンで、北海道は1万680トン。

被害金額は、全国では42億2,232万円で、北海道は2億2,248万円。

多いのは、カラス、スズメの被害。

●獣類による被害

面積は、全国では8万5,218haで、北海道は5万5,491ha。

被害量は、全国では68万5,210トンで、北海道は59万7,716トン。

被害金額は、全国では184億471万円で、北海道は64億8,313万円。

多いのは、シカ、イノシシの被害。

北海道は殆どがシカの被害(5万4,296ha、58万1,131トン、60億8,549万円)。

 

   ・23年度、都道府県別の被害状況は、ここをクリック

   ・23年度、全国の被害状況は、ここをクリック

   ・全国の過去3年間の被害状況の推移は、ここをクリック

  

▲PageTop

【情報】平成24年産飼肥料作物の作付(栽培)面積について

平成24年産飼肥料作物の作付(栽培)面積について農林水産省から公表されました。

【調査結果の概要】


1.飼肥料作物の作付(栽培)面積


作付(栽培)面積は、

全国では102万9,000haで、前年産に比べて1,000ha減少し、前年比100%です。

北海道は653,900haで、前年産に比べて600ha減少し、前年比100%です。


2.飼料用の作付(栽培)面積


上記1のうち飼料用の作付(栽培)面積は、

全国では93万1,600haで、前年産に比べて1,400ha減少し、前年比100%です。


北海道は59万8,700haで、前年産に比べて2,100ha減少し、前年比100%です

その主な内訳は次のとおりです。


(1) 牧草


作付(栽培)面積は、全国では75万800haで、前年産に比べて4,300ha減少し、前年比99%です。

北海道は548,900haで、前年産に比べて2,300ha減少し、前年比100%です。

(2) 青刈りとうもろこし


作付面積は、全国では9万2,000haで、前年産に比べて200ha減少し、前年比100%です。

北海道は4万8,300haで、前年産に比べて100ha増加し、前年比100%です。

 

詳細は、ここをクリック

 

▲PageTop

【情報】最近の牛乳乳製品を巡る情勢について

最近の牛乳乳製品を巡る情勢について農林水産省より発表がありました。

内容は、

1.牛乳乳製品の需給動向

1)生産動向と消費動向

・生産動向では生乳、牛乳等、乳製品について、消費動向では牛乳、加工乳、はっ酵乳、乳飲料などについて年度ごとの情勢が記されています。

2)酪農経営の動向

・乳用牛飼養戸数、飼養頭数、1戸当たり経産牛飼養頭数や酪農経営の収益性について記されています。

3.加工原料乳生産者補給金等

・加工原料乳補償価格等の推移と加工原料乳生産者補給金等の推移について数値が記されています。

 

詳細は、ここをクリック

▲PageTop

【お知らせ】平成25年2月1日現在、会員数のお知らせ

平成25年2月1日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     41会員

   個人正会員     10会員

   賛助会員       53会員

   合   計      104会員 

 

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

【お知らせ】平成25年度農林水産予算概算決定の概要について

1月19日に平成25年度予算の概算が閣議決定され、畜産・酪農関係事業の概要について農林水産省から下記の通り公表されました。

1.畜産・酪農経営安定対策として、

  • 酪農経営安定のための支援として、酪農経営安定対策事業315億円及び持続的酪農経営支援事業62億円等、
  • 肉用牛繁殖経営安定のための支援として、肉用子牛生産者補給金213億円及び肉用牛繁殖経営支援事業159億円、
  • 肉用牛肥育経営安定のための支援として、肉用牛肥育経営安定特別対策事業869億円、
  • 養豚経営安定のための支援として、養豚経営安定対策事業100億円、
  • 採卵養鶏経営安定のための支援として、鶏卵生産者経営安定対策事業52億円

が措置されました。

2.この他、独立行政法人 農畜産業振興機構が行う畜産業振興事業176億円が措置されました。

 平成25年度 農林水産予算概算決定の概要は、ここから

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1