北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【お知らせ】7月15日現在、2番草の生育は平年並、とうもろこしの生育は1日遅れ

北海道農政部から7月15日現在の農作物生育状況が発表されました。

2番牧草の生育は各地区とも平年並で推移しています。

1番草の収穫は釧路、根室地区を除きほぼ終了し、平年より1日から9日早く終了しています。

サイレージ用とうもろこしの草丈平年より3.1cm 短く、葉数は平年より 0.3枚少なくなっています。前回調査より2日回復して平年比1日遅れとなっています。

振興局別では、石狩、渡島、胆振、日高の生育が平年より進み、オホーツク、釧路、根室の生育が平年より遅れています。

H24.07.15 振興局画像.JPG

 

▲PageTop

【お知らせ】第5回 夏期研修会参加申し込みの終了について

当協議会主催で8月1日に開催を予定しております、第5回夏期研修会について、7月18日現在で参加希望者が会場への入場限度数を超えましたので申し込みを締め切らせて頂きます。

まだ参加を希望される方がおられるかと思いますが、会場は限られた人数しか収容出来ませんので、大変恐縮ではありますが、受付を終了させて頂きます。

 

▲PageTop

【お知らせ】7月1日現在、牧草の収穫は1日進み、とうもろこしの生育は3日遅れ

北海道農政部から7月1日現在の農作物生育状況が発表されました。

牧草の収穫は62%が終了し、平年より 1日進んでいます

6月後半の好天により作業は順調に進み、各地とも平年並に進んでいます。ただ、旱魃傾向の影響で収量は少ない、と言う情報が届いています。

サイレージ用とうもろこしの草丈平年より 9.8cm 短く、葉数は平年より 0.7枚少なくなっており、生育は前回調査より更に1日遅れて平年比3日遅れとなっています。

振興局別では、石狩、渡島、胆振の生育が平年より進み、オホーツク、十勝、釧路、根室の生育が平年より遅れています。 

H24.07.01 振興局画像.JPG

▲PageTop

【お知らせ】第5回 夏期研修会の開催案内

第5回 夏期研修会を下記要領で開催しますのでお知らせします。

                        記 

1.開催日時         平成24年8月1日(水) 13:00から17:00 

2.開催場所         北農ビル 19階  第2から第4会議室まで

                            (所在地)札幌市中央区北4条西1丁目

3.開催内容                                                   

 1)テーマ 『良質自給飼料確保に向けた生産技術の向上を目指して』

 2)内 容

  (1) 開会(13:00)

  (2) 話題提供              

    「海外及び日本における農業機械の最新情報」 

     地方独立行政法人 北海道立総合研究機構

      中央農業試験場 生産研究部長 竹中 秀行 氏 

  (3) 細断型ロールベーラーと発酵TMRについて  

    ア. 研究機関より情勢報告

     「細断型ロールベーラーの現状と発酵TMRの効果について」

   (細断型ロールベーラー、可変径式TMR成形密封装置、発酵TMRなど)

      地方独立行政法人 北海道立総合研究機構

       根釧農業試験場 主査 関口 建二 氏

    イ. 機械メーカーより細断型ロールべーラーの商品紹介

      ・(株)IHIスター

      ・(株)ヰセキ北海道

      ・(株)コーンズエージー

      ・(株)タカキタ

    ウ. 実践者より体験報告

     「細断型ロールベーラーの活用と発酵TMRの給与事例」

      太陽ふぁーむ有限会社(浜頓別町)

       代表取締役 生田目 政吉 氏 

   (4) GPS(全地球測位システム)システムについて

    ア. 研究機関より情勢報告

     「GPSシステムの現状と今後の展開について」

       独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

       北海道農業研究センター 水田作研究領域

        水田・園芸グループ  上席研究員 村上 則幸 氏

    イ. 実践者より体験報告

     「GPSシステムの活用事例」

      (有)サンタドリームサプライ(広尾町)

       TMR部長  山本 利浩 氏                 

   (5) 総合質疑 

   (6) 閉会 (17:00)  

  3)懇親会   18:00から  於:KKRホテル札幌

4.参集範囲   法人正会員・個人正会員・賛助会員・関係者(非会員) 

5.参加予定人数 140名程度(定員に成り次第締め切らせて頂きます)

・申し込みが定数を越えた場合は、会場の都合により入場を制限させて頂きます。その場合、会員の参加を優先させて頂きますのでご了承願います。 

6.参加費         無料 (懇親会参加者は4,000円/1人)

7.申込方法      別紙申込用紙をFAX、あるいは当会HPからメール

8.申込期日       会員     平成24年7月17日(火)

            非会員   平成24年7月20日(金)

・会場の席には限りがありますので、参加申し込みはお早めにお願い致します。

  

             ◆詳しい開催案内を見るときは、 ここをクリック.doc              

       ◆参加申込書を見るときは、 ここをクリック.doc      

▲PageTop

【お知らせ】平成24年7月1日現在、会員数のお知らせ

平成24年7月1日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     37会員

   個人正会員      9会員

   賛助会員       47会員

   合   計       93会員 

新たに法人正会員(TMRセンター)2会員と、賛助会員1会員の加入がありました。

 

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1