北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【お知らせ】平成24年5月1日現在、会員数のお知らせ

平成24年4月1日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     35会員

   個人正会員      9会員

   賛助会員       46会員

   合   計       90会員 

新たに賛助会員2会員の加入がありました。

 

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

【技術情報】5月の営農技術対策

5月の営農技術対策が北海道農政部から発表されましたので、関係分を掲載します。

                     (北海道農政部のHPより引用)

◎ 家畜飼養の重点項目

・融雪後、放牧準備を行い、放牧牛の馴致期間を設ける。

・搾乳器具の洗浄・消毒については定められた水量、温度、濃度を遵守する。搾乳システムの点検を行い、ミルカー性能を適正に保つ。

・繁殖牛の群分けを行うとともに、分娩前後の要求量に見合った増飼を行う。

・生石灰は台の上に積み上げ、周辺に可燃物を置かないなど保管に留意する。

 

 ◎ 草地及び飼料作物の重点項目

・堆肥・尿・スラリーは肥料成分を把握した上で、積極的に活用する。施用したふん尿のほ場外流出に注意する。

・早春の草地更新は土壌水分が確保できる時期に実施するとともに、は種床造成、は種、覆土、鎮圧は丁寧に行い、斉一な発芽を確保する。

・とうもろこしの適期は種に努め、晩霜に備えて覆土の厚さは3cm程度を確保する。

 

◎ 農作業の重点項目 

・耕起・砕土やは種・移植作業の最盛期を迎えるが、余裕を持った作業計画で、事故防止に努める。

・作業予定を事前に確認し合い、適正な労働配分に努める。

・緊急時に備え、家族や補助作業者にトラクターのエンジン停止方法や作業機械の動力遮断方法

を周知する。

・作業時の合図・確認を周知・徹底して、補助作業者の安全確保に努める。

 

詳細な技術対策は会員専用サイトに掲載しています

▲PageTop

【お知らせ】『産地再生関連施設緊急整備事業』の募集が行われています

これからTMRセンターを立ち上げようとする地区も活用できる補助金の内、都道府県が国の交付金を受けて実施する『産地再生関連施設緊急整備事業』の募集が行われています。

募集期間平成24年4月19日(木)から5月10日(木)までです。

申し込みは、市町村→振興局→道庁(農政部農業支援課)の流れで提出して下さい。

道庁では道の要綱を作成中ですが、下記に国が定めた規定を掲載しますので、該当するところををクリックしてご覧下さい。

なお、都道府県は国の規定に則って実施しますが、不明な点は道庁に確認の上、実施して下さい。

  ●産地活性化総合対策事業推進費補助金等交付要綱

  ●産地再生関連施設緊急整備事業実施要綱

  ●産地再生関連施設緊急整備事業実施要領

  ●産地再生関連施設緊急整備事業実施計画書(別記様式)

 

▲PageTop

【お知らせ】冊子『北海道におけるTMRセンターの取り組みと連絡協議会の役割』を作成

当連絡協議会では北海道におけるTMRセンターの取り組みの現状を整理し、今後の課題解決に向けた資料とするため標記の冊子を作成しました。

 また協議会を設立して5年が経過した事から、これまでの活動記録を整理して掲載しました。

 協議会冊子、表紙・目次.jpg 

 ●冊子の内容を見るときは、ここをクリック.pdf

▲PageTop

【お知らせ】『産地活性化総合対策事業(飼料生産拠点育成型)』の公募が始まりました

これからTMRセンターを立ち上げようとする地区、あるいは既存のTMRセンターが必要な機械整備するときに活用できる補助金の内、農水省が直轄する事業で産地活性化総合対策事業があり、そのうちの自給率向上重点支援事業(飼料生産拠点育成型)公募されましたのでお知らせします。

この事業は推進事業、整備事業、リース事業に分かれており、推進事業を行いながら整備事業あるいはリース事業を実施するもので、推進事業では事業を実施しようとする地区で飼料自給率向上協議会を設置し、そこが中心となって飼料自給率向上プログラムを作成する必要があります。

募集期間平成24年4月16日(月)から5月14日(月)までです。

5月14日は17時00分に北海道農政事務所に必着です。

詳細は下記をクリック

※産地活性化総合対策事業実施要綱

  ●飼料生産拠点育成地区推進事業

  ●飼料生産拠点育成地区整備事業

  ●飼料生産拠点育成地区リース事業

 

なお、TMRセンター関連で活用できる事業として、都道府県が国の交付金を受けて実施する『産地再生関連施設緊急整備事業』については、道農政部が要綱を作成中で、今週中に公開される予定とのことです。

情報が入り次第お知らせします。

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1