北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【技術情報】5月の営農技術対策

5月の営農技術対策が北海道農政部から発表されましたので、関係分を掲載します。

                     (北海道農政部のHPより引用)

◎ 家畜飼養の重点項目

  ・貯蔵粗飼料の残量を確認し、計画的な飼料給与と乳牛の健康管理に努める。
 ・牧柵の点検や修繕、牛道整備、水槽の設置等放牧開始に向けて早めに準備する。
 ・畜舎内は十分換気し、家畜の快適性向上に努める。

 ◎ 草地及び飼料作物の重点項目

 ・堆肥・尿・スラリーは肥料成分を把握し、施用量に応じた減肥を行い、適正な利用に努める。
 ・早春の草地更新は土壌水分が確保できる時期に実施するとともに、は種床造成、は種、覆土、鎮圧は丁寧に行い、斉一な発芽を確保する。
 ・とうもろこしの適期は種に努め、晩霜に備え覆土の厚さは3cm程度を確保する。
 

◎ 農作業の重点項目

 ・耕起・砕土やは種・移植作業の最盛期。余裕を持った作業計画で、事故防止に努める。
 ・作業予定を事前に確認し合い、適正な労働配分に努める。
 ・緊急時に備え、家族や補助作業者にトラクターのエンジン停止方法や作業機械の動力遮断方法を周知する。
 ・作業時の合図・確認を周知・徹底して、補助作業者の安全確保に努める。

 

   技術対策の詳細は会員専用サイトに掲載しました

▲PageTop

【更新】会員用ページ更新のお知らせ

4月7日(木)に開催した、TMRセンター代表者会議の要旨について会員専用サイトに掲載しましたのでご覧下さい。

▲PageTop

【お知らせ】平成23年4月1日現在、会員数のお知らせ

平成23年4月1日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     32会員

   個人正会員      9会員

   賛助会員      37会員

   合   計      78会員

 

3月2日から4月1日にかけて、3会員が新たに加わりました。

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

【技術情報】4月の営農技術対策

4月の営農技術対策が北海道農政部から発表されましたので、関係分を掲載します。

                     (北海道農政部のHPより引用)

◎ 家畜飼養の重点項目

・貯蔵飼料の残量を確認し、計画的な飼料給与に努める。
・畜舎周辺の環境整備と畜舎内の換気・衛生に留意する。
・搾乳機器の点検と衛生的な搾乳作業に努める。
・母牛の分娩前後の管理、肉用子牛の初乳給与、肥育牛の管理を徹底する。
 

 

◎ 草地及び資料作物の重点項目

・草地の冬枯れの状況を確認し、被害が著しい場合は早めに簡易更新等の対策を行う。
・土壌診断と植生区分に応じた施肥を行うとともに、堆肥、スラリー等の施用量に応じて減肥する。
・放牧地の利用率を高めるため、牧柵の設置・補修を早めに行い、放牧開始に備える。

 

◎ 農作業の重点項目

・本格的な農作業シーズンに入る前にトラクタや作業機械の点検・整備を実施する。
・ほ場の出入口や農道等が機械作業に支障が無いよう、確認・補修を徹底する。
・1日の作業予定やほ場を家族に知らせる。
・ハウス内作業は障害物に注意する。

 

▲PageTop

【お知らせ】政府の行政刷新会議で「規制仕分け」行われる

 政府の行政刷新会議は時代に合わなくなった規制を見直すためとして、3月6日と7日にかけて規制仕分けが行われました。

 今回の仕分けは、行政刷新会議の規制・制度改革分科会が各省に見直しを求めている約250項目の中から12項目を選んで行われました。

 農林水産省関係では次の4項目が対象になりました。

 

1.酪農競争力強化のための見直し

 『生乳販売を指定生産者団体に全量委託する現行制度を緩和し、部分委託や共同加工施設活用など例外を拡大』  

  ◇ 規制・制度等説明シート  ◇ 論点等説明シート  ◇ 評価結果

 

2.認定農業者制度

 『審査基準見直しに加え、農地集約化に向けて支援策強化を検討し、意欲のある農家に有益な制度となるよう改善』

  ◇ 規制・制度等説明シート  ◇ 論点等説明シート  ◇ 評価結果

 

3.農業用施設用地の大規模野菜生産施設建設に関する農地転用基準

 『農業用ビニールハウス設置で、敷地を全面コンクリートにした場合も農地と見なすなど見直し』

  ◇ 規制・制度等説明シート  ◇ 論点等説明シート  ◇ 評価結果

 

4.再生可能エネルギー導入に関する規制(保安林、国有林)

 『風力発電、地熱発電施設を設置しやすくするため、公益性などを考慮し緩和』

   規制・制度等説明シート(保安林)  ◇ 規制・制度等説明シート(国有林)  ◇ 論点等説明シート  ◇ 評価結果 

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1