北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【お知らせ】7月1日現在、牧草の収穫作業は1日遅く、コーンの生育は3日早い

北海道農政部から7月1日現在の農作物生育状況が発表されました。

農作物の生育は回復し、1番牧草の収穫作業は56%が終了して平年より1日遅れで推移しています。

サイレージ用とうもろこしの草丈は平年より21.4cm長く、葉数は平年より0.5枚多くなり、生育は平年より3日早く推移しています。

全道平均 北海道農政部発表
   作物   本    年     平年差     評価  遅速日数
 牧  草 バンクサ収穫シュウカク   56       遅 1日
とうもろこし
(サイレージ用)
 草 丈    76.2 cm  +21.4     長ナガ   早ハヤ 3日
 葉 数     8.5    +0.5  ややオオ

 

(総合)振興局別の状況は、会員用ページに掲載しています。

 

 

 

▲PageTop

【報告】2010年6月現在、会員数のお知らせ

2010年6月30日現在の会員数をお知らせします。

  法人正会員       25会員

  個人正会員        8会員

  賛助会員        34会員

  合計 67会員 (前月比:法人正会員 1会員増)

▲PageTop

【お知らせ】当協議会主催、夏期研修会中止のお知らせ

平成22年6月28日

 各   位

北海道TMRセンター連絡協議会

会長 近藤 三男

夏期研修会中止のご案内

謹啓

貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、先般行われた総会において夏期研修会の開催を含めた今年度活動計画にご承認いただき、その準備に向けて鋭意取り組んでおりましたが、4月20日に宮崎県で口蹄疫が発生し、6月に入ってもその感染が拡大している状況となっております。北海道においても口蹄疫の侵入防止に向けた対策が道内各地で展開されているところでございまして、道内の畜産業界に対しても全国ホルスタイン共進会の開催延期をはじめとしてイベントの開催を自粛するなど、影響が出始めております。

このような状況下において、当協議会としても口蹄疫の北海道侵入を防止する観点から、7月に予定しておりました夏期研修会の開催の是非について協議するため、6月8日、札幌市にて臨時役員会を開催し、役員間で協議いたしました結果、夏期研修会の開催を中止することに決定いたしました。

TMRセンターが一同に会して活発な情報交換を行う場として、本研修会の開催を心待ちにされていた会員もおられるとは存じますが、上記事情を何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

 重ねて、今後も当会活動に対するご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

謹白

 

▲PageTop

【技術情報】7月の営農技術対策

 7月の営農技術対策が北海道農政部から発表されましたので、関係分を掲載します。

                           (北海道農政部のHPより引用)

◎ 家畜飼養の重点項目

・暑熱ストレスを軽減するため、十分な換気に心掛け、新鮮な水が十分に飲めるようにする。

・搾乳機器の洗浄、殺菌に当たっては、洗剤、殺菌剤の濃度や温度を守る。

・発情予定牛のピックアップと観察を強化し発情発見に努める。

・放牧地は草勢が衰え、不食過繁草が多くなるので、計画的な掃除刈りや追肥を行う。

 

◎ 草地及び飼料作物の重点項目

・1番草刈取り後の施肥、2番草の収量確保のため、草種に応じて適期に行う。

・自給肥料は、肥料成分含有量を推定し、施用要素量に見合った化学肥料の減肥を行う。

・2番草の刈取り時期は、チモシー主体草地で1番草刈取り後55日、オーチャードグラス主

体草地で45日、アルファルファ及びリードカナリーグラス主体草地では40日を目途とする。

 

◎ 農作業の重点項目

・農薬散布作業を適正に行い、薬液のドリフト(目的外飛散)を防止する。

・小麦収穫・乾燥作業の効率化を図り、安全対策を充実させる。

・暑熱対策を万全に、快適な作業環境を整備する。 

 

技術対策の詳細は、会員ページに掲載して有ります。

▲PageTop

【お知らせ】 6/15現在作況、やや持ち直す、牧草、コーンともに生育は2日遅れ

北海道農政部から6月15日現在の農作物生育状況が発表されました。

牧草の草丈は平年より2.4cm短いため、生育は平年より2日遅れています。

サイレージ用とうもろこしの草丈は平年より0.3cm短く、葉数は平年より0.2枚少ないため、生育は平年より2日遅れとなっています。

6月前半の好天により生育は回復し、それぞれの作物は平年に近づいた数値となっています。

全道平均 北海道農政部発表
   作      物   本    年     平年差     評価  遅速日数
   牧   草   草 丈 81.3 cm    -2.4   平年ヘイネン   遅 2日
  とうもろこし
  (サイレージ用)
  草 丈 18.5 cm    -0.3   平年ヘイネン   遅 2日
  葉 数 4.0    -0.2   少スクない

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1