北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

【お知らせ】(株)デーリィジャパン社が『乳牛栄養学の基礎と応用』を発刊

(株)デーリィジャパン社から『乳牛栄養学の基礎と応用』発刊についてのお知らせがあり、会員用ページに紹介記事を掲載しましたのでご覧ください。

▲PageTop

【報告】2010年3月会員数のお知らせ

2010年3月31日現在の会員数をお知らせします。

 法人正会員     23会員

 個人正会員      8会員

 賛助会員       34会員       合計65会員

加入会員の情報については会員用ホームページよりご確認ください。  

▲PageTop

【技術情報】4月の営農技術対策

4月の営農技術対策が北海道農政部から発表されましたので、関係部分を掲載します。 

◎家畜飼養の重点項目

・貯蔵飼料の残量を確認し、計画的な飼料給与に努める。

・畜舎周辺の環境整備と畜舎内の換気・衛生に留意する。

・正しい搾乳手順の励行と定期的な搾乳機器の点検・整備を行う。 

◎草地及び飼料作物の重点項目

・草地の冬枯れの状況を確認し、昨年の更新草地で被害が著しい場合は早めに追播を行う。

・土壌診断と植生区分に応じた施肥を行うとともに、堆肥、スラリー等の施用量に応じて減肥する。

・放牧地の利用率を高めるため、牧柵の設置・補修を早めに行い放牧開始に備える。 

◎農作業の重点項目

・本格的な農作業シーズンに入る前にトラクタや農業機械の点検・整備を徹底する。

・ほ場の出入口や農道等が農業機械の作業に支障がないよう点検・整備を徹底する。

・一日の作業予定やほ場を家族に知らせる。

(北海道農政部のHPより引用) 

技術対策の詳細は会員用のページに掲載しております。

 

▲PageTop

【トピックス】2010年度、国の予算が成立

3月24日、2010年度予算が成立した。

農林水産関係予算は2兆4,517億円となる。

農業分野の柱となる戸別所得補償モデル対策に5,618億円、水田・畑作経営所得安定対策に2,316億円、農業農村整備事業に2,129億円、中山間地域等直接支払い交付金に265億円、農地・水・環境保全向上対策交付金に199億円などとなっている。

詳細は農林水産省のホームページをご覧ください。

 

農水省HP、予算決定の概要pdf ここをクリック

 

 

▲PageTop

【更新】会員用ページ更新のお知らせ

道立根釧農業試験場が主催する『飼料用とうもろこし生産における人工衛星リモートセンシングおよびGIS技術の利活用についての意見交換会』の開催案内がありましたのでお知らせします。

   日程、内容等については、会員用ページに掲載しましたのでご覧ください。

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1