北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

11月度会員加入状況

11月度会員加入状況

11月30日現在、賛助会員1会員が新たに加入いたしました。

正会員   22会員 (TMRセンター19会員、個人3会員)
賛助会員 16会員
合計     38会員

となっております。
会員名簿は会員専用ページにて掲載しております。

▲PageTop

10月度会員加入状況

10月度会員加入状況

10月31日現在、賛助会員3会員が新たに加入いたしました。

正会員   22会員 (TMRセンター19会員、個人3会員)
賛助会員 15会員
合計     37会員

となっております。
会員名簿は会員専用ページにて掲載しております。

▲PageTop

【お知らせ】研修会受付終了のお知らせ

平成19年度研修会参加受付終了のお知らせ 

標記の件につきまして、平成19年度研修会に多数の参加申込をいただきました。

先般本ページにてご案内させていただきましたように、研修会会場の収容人員の関係上本日20日をもちまして、予定しておりました定員に達したため、残念ながら参加申込受付を終了させていただきたく存じます

改めまして、研修会に多数の参加申込いただきまして誠にありがとうございました。

なお、今後は当会会員のみの参加受付とさせていただきますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

▲PageTop

9月度会員加入状況

9月度会員加入状況

9月30日現在、前月に対して新規加入はありません。

正会員   22会員 (TMRセンター19会員、個人3会員)
賛助会員 12会員
合計     34会員

となっております。
会員名簿は会員専用ページにて掲載しております。

▲PageTop

【トピックス】10-12月配合飼料価格に通常補てん発動

全国配合飼料供給安定基金(全農系)の発表によると、10-12月の配合飼料価格に対する通常補てん額は5,550円/トンとなり、前期に比較して2,100円/トン少ないことが明らかとなった。

これにより、配合飼料単価は下がるものの、農家負担額はむしろ前期よりも1,812円/トン増額となり、畜産経営はますます厳しい情勢下におかれるとこととなる。

配合飼料の一連の高騰は生乳生産コストにも大きく影響することになり、農水省では「4?5円/kgのコストアップにつながっている(あくまで参考値ではあるが)」と説明。農水省ではこの情勢変化を少しでも消費現場へ理解を求めるべく、消費者等に対する説明会を各地で開催している。

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1