北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > お知らせ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

更新のお知らせ(3)

更新のお知らせ(3)



(12月23日)



会員用ページにて、「【技術情報】バンガーサイロの踏圧法」を追加・更新いたしました。



サイレージ品質を左右する牧草の踏圧作業。その出来を評価する方法と踏圧作業上のポイントを研究成果に基づいて解説しています。

▲PageTop

更新のお知らせ(2)

-更新のお知らせ-

会員専用ページにて、配合飼料値上げに関するトピックスを追加いたしました(2006/12/20)。

▲PageTop

11月度会員加入状況

会員加入のお知らせ

11月10日に設立総会を開催して以降、現在まで正会員で2会員(法人1、個人1)、賛助会員で3会員が加入されました。

11月24日現在、

正会員  8会員
賛助会員 3会員
合計   11会員

となっております。
会員名簿は会員専用ページにて掲載しております。

この情報は随時当ページにて報告いたします。

▲PageTop

更新のお知らせ(1)

平成18年11月24日

会員用ページにて「研修会ハイライト(1)-(5)」を追加更新いたしました。

先に開催されました研修会の模様を詳しく掲載しています。まさに必見!!

▲PageTop

総会・研修会終了のお知らせ

総会・研修会終了のお知らせ

  %E8%BF%91%E8%97%A4%E3%81%95%E3%82%93.jpg (挨拶する近藤会長)

11月10日、札幌市のホテルノースイン札幌において当会の設立総会ならびに研修会を開催いたしました。

TMRセンターの構成員や関係者を含め総勢99名が参加し、総会および研修会は盛会裏に終了いたしました。

まずは、この場を借りてご参加いただいた多くの関係者に対し、厚く御礼申し上げる次第です。

総会では、設立趣旨や活動方針について近藤会長(オコッペフィードサービス代表取締役)より報告があり、TMRセンター同士の情報交流の場として当会の活動趣旨を広く認知されたものと考えています。

また、総会において近藤会長以下、6名の役員が選出されました。役員構成については当ホームページ「組織概要」をご参照ください。

研修会では、当会役員である佐竹代表(デリバリーフィードセンター名寄)と坂井代表(中島デーリィサポート)の2名による事例報告と、酪農学園大学 荒木教授をコーディネーターに迎え、『TMRの低コスト化に何が必要か』と題した討論会を開催しました(詳細については会員専用ページに掲載しています)。

いずれもTMRセンターの設立運営にあたって示唆に富む内容であり、特に今後TMRセンターの設立を志向している参加者にとって有益な情報であったと考えます。

今後は設立の趣旨であるTMRセンター同士の情報の共有化とともに、問題点の共有化と課題解決を図り、センターならびに構成員の経営発展に寄与することを目的とし、活発な活動を展開していく所存です。

この機会にぜひ当会会員として活動に参画いただければ幸いです。

▲PageTop

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1