北海道TMRセンター連絡協議会

豊富な飼料生産基盤を生かし、酪農経営の安定化を目指す。

ホーム > トピックス

<< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

【お知らせ】平成29年研修会開催日程のご案内

平成30年の研修会開催日程についてご案内いたします。

 

※第11回夏期研修会の日程が変更となっております。(H29.12.25更新)

 

1. 平成30年4月4日(水)  TMRセンター代表者会議

2.平成30年8月3日(金)  第11回夏期研修会

3.平成30年10月30日(火)  第13回総会・研修会

    平成30年10月31日(水)  第13回情報交換会

▲PageTop

【お知らせ】オホーツク管内TMRセンター情報交換会参加報告

 DSC_0132.JPGDSC_0147.JPG

11月16日に北見農業会館にて開催されましたオホーツク管内TMRセンター情報交換会について下記の通り報告します。

1 開   会 10:30

  

2 開会挨拶

  

3 来賓挨拶

  オホーツク総合振興局産業振興部農務課 農務課長 畠山 透 氏

  北見農業試験場技術普及室 主任普及指導員 山岸 修一 氏

  

4 オホーツクTMR連絡会活動報告

  平成28年11月16日に開催した情報交換会後に設立総会を開催し、オホーツクTMRセンター連絡会が発足。本年は平成29年度オホーツク管内TMRセンター情報交換会開催に向け6月5日に打合会を開催した。次年度も参加者の意見をできるだけ取り入れながら、より充実した情報交換会の開催に向けて取り組むこととしたい。

  

5 TMRセンターの活動事例発表 11:00 ― 12:00

  ・オコッペフィードサービス 藤渡 昭博 氏 

  ・アグリサポートばろう 菊地 厚 氏

 

6 情報交換会 12:50 ― 14:50

  グループ討議と討議内容の報告

  テーマ TMRセンターに関する諸課題と課題解決について

  ・新規構成員受け入れに関する問題

  ・コントラクターの有無による違い

  ・構成員の意識が2極化

  ・後継者問題

  ・経済と地域維持の両立

  などが課題として挙げられた。

 

7 閉会挨拶 14:50

 

8 閉   会 15:00

 

※ 乳牛検定に関する研修会 15:10 ― 16:00

※ 懇親会   17:00 ―

▲PageTop

【お知らせ】平成28年8月1日現在の会員数

平成28年8月1日現在の会員数をお知らせします。

   法人正会員     50会員

   個人正会員     11会員

   賛助会員       73会員

   合   計      134会員

  

会員名簿は会員専用サイトに掲載しています。

▲PageTop

【トピックス】平成26年1月から3月の配合飼料価格500円値下げ(全農)

 全国農業協同組合連合会では、平成26年1月から3月期の配合飼料供給価格については、飼料情勢・外国為替情勢等を踏まえ、平成25年10月から12月期に対し、全国全畜種総平均トンあたり約500円値下げすることに決定したと発表がありしました。


 なお、改定額は、地域別・畜種別・銘柄別に異なります。

 飼料情勢は以下のとおりです。

   http://www.zennoh.or.jp/press/release/2013/1563.html

▲PageTop

【トピックス】平成25年7から9月期配合飼料対策の実施-----農家に満額補填

 JAグループは、安定基金に加入する生産者の平成25年7?9月期の配合飼料を対象に1,325円/トン(23億円)の系統基盤対策を実施します。
 平成25年7?9月期の配合飼料価格は、前期に比べ業界平均で1,449円/トン(本会は1,300円/トン)の値上げとなりました。
 この値上げにともなう配合飼料安定基金(通常基金)の業務方法書上の補てん額は5,050円/トンとなりましたが、昨年秋以降、配合飼料価格の高騰に対応して補てんを続けてきたことから、7?9月期の補てん財源が不足する状況となりました。
 国は6月21日、通常基金の財源不足への対応として、満額補てんに不足する額の1/2相当額(1,325円/トン、81億円)を、特別交付金として交付する配合飼料価格高騰緊急対策を発表しました。
 JAグループは、残りの不足額について国と同額の1,325円/トンの対策を実施し、7?9月期の安定基金の補てん額2,400円/トンとあわせて、実質的な満額補てん(5,050円/トン)を実現することとしました。

  支出予定日:平成25年11月下旬

  対象数量:7から9月期の基金計役数量と購入数量の少ない方

  支出単価:合計  5,050円/トン

                内訳  ・ 通常価格差補てん金(基金)     2,400円/トン

              ・ 特別交付金(国)                 1,325円/トン

              ・ 系統基盤対策費(JAグループ)    1,325円/トン

▲PageTop

<< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

QRコード 携帯サイト

当サイトの新着情報を携帯電話でご覧いただけます。

http://hokkaido-tmr.jp/mt/mt4i.cgi?id=1